赤ら顔の原因はニキビ跡?

赤ら顔の原因はさまざまですが、ニキビ跡が原因の事もあるんです。ニキビが出来てしまうと炎症してしまうので、ニキビやその周りも赤くなってしまいます。 目の周辺は皮脂腺が発達してなく、皮脂の排出量も少ないので目の周辺は赤くなりません。ですから、ニキビ周りの炎症が目立って赤ら顔に見えてしまうのです。 赤いニキビ跡がたくさんできれば、それだけでも赤ら顔に見えてしまいますよね。ニキビ跡が完全に消えるには、時間がかかってしまいます。 更に新しいニキビが出来てしまわないように、毎日のケアを怠らないようにしましょう。

今までニキビケアを続けてきたのに、全然改善されないという方は、スキンケアの見直しをするのもいでしょう。 ニキビケアのポイントは洗顔ですが、洗顔方法や洗顔フォームにニキビを悪化させる原因があるかもしれません。 過剰な洗顔や、刺激のある洗顔フォームは赤ら顔に見えるニキビの原因となっている可能性があります。ニキビにはニキビ専用のスキンケア商品を使うのがいいでしょう。 ニキビ跡には、ビタミンCが効果的なのは有名ですね。しかし、ビタミンCはお肌に浸透しにくいので、浸透能力がある化粧品を選ぶといいでしょう。